پست های ارسال شده در دی سال 1383

کویر می خَندَد

砂漠が笑う<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" /> کویر می­خَندَد 人間国宝の陶芸家、加藤卓男さんが死去  「ペルシャ陶器の華」とうたわれながら16、17世紀ごろに消滅したとされるラスター彩陶器を再現した陶芸家で、重要無形文化財保持者(人間国宝)の加藤卓男(かとう・たくお)さんが、11日午前11時45分、肺炎のため死去した。87歳だった。通夜は13日午後6時、告別式は14日午後2時から岐阜県多治見市光ケ丘5の100の1のセレモ双葉玄武ホールである。喪主は長男幸兵衛さん。自宅は岐阜県多治見市市之倉町4の115。  江戸時代から続く美濃焼窯元5代目加藤幸兵衛の長男として生まれた。多治見工業学校(現多治見工業高校)から京都の国立陶磁器試験所陶芸科に進んだが、兵役にとられた。  広島で被爆。戦後も被爆障害に悩まされたが、のちに健康を回復した。1961年にイラン国立考古博物館を訪れ、「幻の陶器」ラスター彩陶器と出あった。  その後、20年近くの試行錯誤の末、陶器なのに金属の肌合いをもち、光を受けると黄金色に輝くラスター彩の再現に成功。86年にはラスター彩の本家、トルコの国立トプカプ宮殿博物館で個展を開催した。  また、奈良時代から伝わる「三彩」の復元にも力を注ぎ、95年に人間国宝になった。  朝日陶芸展など各種陶芸展の審査委員を務めた。  関係者によると、加藤さんは昨年末から、風邪をひくなどして岐阜県多治見市の病院に検査入院を繰り返していた。今月7日から再び体調を崩して、入院していた。 درگذشت کاتو تاکواو هنرمند سفال و ... ادامه مطلب
/ 7 نظر / 28 بازدید