پست های ارسال شده در آبان سال 1382

村上春樹موراکامی هاروکی

style="text-align: left">むらかみ・はるき。小説家・翻訳家。1949年1月12日に京都に生まれる。兵庫県芦屋市で思春期をおくる。芦屋市立精道中学校、兵庫県立神戸高校、早稲田大学第一文学部演劇科卒業(1975年、7年間かかった)。在学中の1974年にジャズ喫茶「ピーターキャット」を国分寺で開店。1979年「風の歌を聴け」でデビュー(群像新人文学賞)。1981年専業作家に。1982年11月「羊をめぐる冒険」で野間文芸新人賞受賞。代表作に「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」(新潮社。谷崎潤一郎賞受賞作)「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」(新潮社。読売文学賞)「海辺のカフカ」(新潮社)など。レイモンド・カーヴァーやスコット・フィッツジェラルドなどの翻訳もある。いまの日本で広く読まれている純文学作家の一人。同時に、ロシアや米国など、世界的に読者を持つ。この意味で、現代日本を代表する作家の一人であるともいえそうだ。 موراکامی هاروکی:رمان نويس-مترجمدر ۱۲ ژانويه ۱۹۴۹ در کيوتو متولد شد.دوران شکل گيری روان و انديشه خود را در شهر ... ادامه مطلب
/ 5 نظر / 11 بازدید

へダーヤト صادق هدايت

へダーヤト Hedayat, Sadeq (イラン 1903~51  作家.テヘランの名家に生まれたが通常の教育課程にとらわれることなく独学で文学の道に進んだ.1926-30年フランスに留学.'28年ベルリン発行のイランシャハル誌に処女作『菜食主義の利点』を発表.以後,カフカ,ネルヴァル,アラン・ポーらの影響を受けながら短編小説を中心に執筆を続け,現代ペルシア文学の発展に寄与した.口語をよく用い,人間の悲惨と死の影を描き続けたが,'51年苦悩のうちにパリでガス自殺.代表作に『盲目のフクロウ』『野良犬』などがある.
/ 2 نظر / 10 بازدید
 万葉集巻第十三の歌は、ぬな川の底に美しい宝玉があり、それをどうやって入手したのかわからないが宝玉と同じように美しいあなたが年老いていくのが悲しいくらいの意味でしょう سيزدهمين ترانه مان يوشوو (در کف رود خانه نونا گوهری زيبا است که نمی دانم چگونه به کفش آرم ،همچون ... ادامه مطلب
/ 1 نظر / 10 بازدید